20歳女性、ビギナーズラックでパチンコに買ったけど友達を優先

私には高校時代にとても仲の良い女友達が3人いました。

学校でもいつも一緒でしたし、放課後に一緒に遊びに行ったり、週末に一緒に遊んだり、テストの前には一緒に誰かの家に集まって勉強をする仲でした。

そんな私達も高校を卒業後は、就職したり、進学したりで、バラバラな所に住むことになりました。

私自身も実家からずいぶんと遠い都会へ就職しました。

でも高校を卒業してから約2年後に、みんなで地元で集まった機会がありました。

そしてみんなで一緒に食事をしながら、お互いの近況報告などで盛り上がって楽しく過ごした後に、みんなで映画を見に行こうということになりました。

でもその映画の上映時間まではまだ時間がありましたので、その間の暇つぶしにみんなで「パチンコに行ってみよう」と誰かが言い出して、みんなでちょっとだけのつもりで行きました。

私はそれまで父親や友達について行って、人がパチンコをするのを見ていたことはありますが、自分自身がパチンコをするのは初めてでした。

ですからやり方があまり分からなかったのですが、店員さんや親切なおじさんが教えてくれたので、球を購入して台を選んでパチンコをやってみました。

最初はただ球が下の穴に落ちて行くだけだったのですが、一度、当たりが出だした後は、どんどん球が増えて行って、パチンコ台のランプが激しく付いて、音も大きくなっていきました。

すると周りに友達やお店に来ていたおじさん達が私のパチンコ台の周りに集まってきました。

でも私はまったく初めてのパチンコの経験でしたので、どうしたら良いのか分からずにとりあえず、そのままパチンコをし続けました。

そして球はどんどん増えて行きました。

でも「映画の上映時間までの暇つぶし」のために行ったパチンコでしたので、勝ち続けている途中なのに、パチンコを止めなければいけませんでした。

それは勿体なかったけど、その時は友達と映画に行く約束をしていることを優先しました。

そしてその時に勝ったお金は友達にも分け与えました。

その後に映画をみんなで見に行きました。

高校時代の友達と久しぶりに一緒に過ごした時間はとても楽しくて良かったです。

でも、もしあのままパチンコを続けていたら、もっとお金を稼ぐことが出来たのではないかとちょっと心残りでした。

きっとビギナーズラックで勝つことが出来たのだと思います。