28歳男 原付で大転倒後にぼろ負け

兵庫県在住の28歳のサラリーマンです。

今現在はギャンブル自体ほとんどやっていませんが大学生の時はよくパチンコ屋さんに行ってました。

特にイベントがある日っていうのがパチンコ屋さんによってあると思うのですが、7月7日がラッキーセブンということでイベントをやっている大阪のパチンコ屋さんあり行ってみることにしました。

行く前は絶対勝ってやる、台に座れたら勝てるだろう、勝ったら何しよかな?美味しいもの食べよかな?みたいな感じでワクワクした気持ちで向かいました。

大学生ということでお金もなかったので原付で約1時間ほどかけて大阪のパチンコ屋に向かっていたのですがあいにく行っている途中で結構激しい雨が降ってきて道路が濡れていたということもあり少し急ブレーキをしたときに大転倒をしてしまいました。

原付は傷だらけになり、自分自身も腕全体を擦り、血だらけになってしまいました。

持っていたタオル等で押さえていたらすぐに血が止まりました。

そのパチンコ屋まであと半分というところまで来ていてのですが、あまりの大転倒で怪我もしたので帰ろうと思いました。

しかし少し休憩をしているとこんなに怪我して痛い思いをしたのだから今日はパチンコも勝てるだろうと思い、なんとか向かうことにしました。

パチンコ屋さんに行くとイベントごとということもあり大勢人がいましたが何台か空いている台があってので感覚的に良いと思った台に座ってみることにしました。

手持ちは8万円だったのでこれだけばあれば勝てるだろうと思っていました。

するとあたりはするもの続かないことが多くて見る見るうちに残金が無くなっていきものの1時間ほどで手持ちの8万円がなくなってしまいました。

まさか負けるとは思っていたのでイライラが止まらずの帰り道だった記憶があります。

ある意味こんなについてない1日というのもあるのだと今となっては自分の中では笑い話になっています。

悪いことがあったから次は良いことが起きるとは限らないということを学びました。