56歳女性、マカオのカジノでのビギナーズラック

ギャンブルは普段は全くしないのですが、7、8年前にマカオに旅行に行った時のカジノでの体験です。

遅い夏休みがとれたので、夫の誕生日ということもあり、マカオに滞在。

私は子供の頃に1回、夫は初マカオ、でした。

昔は町の中心に一つあるホテルで、こじんまりとカジノがあったのを覚えていたのですが、子供だったから、当然、カジノに入ることもなく、ツアーで行った他の人の話を聞いても、あまりパッとした話はありませんでした。

一人、大当たりした人が、直後にスリにあって、カジノで儲かった分がチャラになったので、かえって警戒心を持っていたくらいでした。

40年後のマカオ、当時の面影などあるはずもなく、一大カジノシティに変貌していました。

ベネティアンホテルの地下にある、カジノ、は巨大なファッションモールのようなスペースに果てしなくスロットマシーンなどのゲーム機が設置され、中国人観光客が老若男女問わず札束握りしめて、煙草の煙の中、ギャンブルに興じていました。

ここは、場末の庶民的なカジノ、って感じで、ただただチャイナパワーに圧倒されて、見学ツアーみたいに徘徊していました。

ここでは無理、と思い、地下続きでデューティーフリーを経由して、宿泊先のフォーシーズンズのカジノに移動。

ここは、欧米人もいて、もう少し、社交場という落ち着いた雰囲気で、ここならゆっくり遊べる、と、ビギナーでも遊びやすいスロットマシーンみたいなのを選んで遊んでいました。

予算を決めておかないと、キリがないので、日本円で2人で¥3000と決めて、ちまちまと、¥100単位で遊んでいました。

ここで遊んでいる中国人は大体1回の掛け金、最低でも¥1000くらいで遊んでいたようです。

もっと、お金に余裕のある人たちは、個室のVIPルームで100万単位で掛けていたようです。

見事、当たった時の買い物リスト用に、超高級腕時計のディスプレイが、あちこちにありました。

マシーンの使い方も日本語表記がないので、見よう見まねでコイン投入して、ボタン押して、一喜一憂。

大体5回やれば、1回は当たりが出て、元手がぎりぎり減らない程度。

離れたところのマシーンで同じような状況の夫の様子を見に行ったら、彼も1回¥200くらいの掛け金のコインを投入、ボタン押したら、突然、マシンの画面の電飾が光り出し、けたたましい音が鳴り響いたら、周りにいたカジノのスタッフが急に集まってきて、拍手喝采。

当事者2人は何が起こったのか訳が分からず、きょとんとしてました。

どうも、当たりが出たみたいで、元手¥200くらいが¥20000超え。

ビギナーズラックって本当にあるんだ、と大喜び。

でもスタッフまで大喜びというのが、妙にホンワカした感じで微笑ましかったです。

欲を出さずにここでゲームアップ。

ゲットした金額は、翌日以降のディナー代になったので、滞在費がかなり安く上がりました。

彼にとってはラッキーなバースデープレゼントになりました。

翌日もカジノへ出かけましたが、大当たりは後にも先にも、この初日だけ。

二匹目のドジョウ、はやっぱりいませんでした。

のめりこまなければ、ギャンブルも楽しい遊び、だということを体験できた旅行になりました。