30歳 男性 3人打ち雀荘にて

現在は30代の男性です。

当時は30になる前だったでしょうか、会社の帰りに毎日のように通っている雀荘がありました。

関西ですので3人うちのフリーです。

日々、勝ったり負けたり終電になるまで遊んでいました。

いつのまにやらすっかり常連になり、他の常連さんとも仲良く会話するくらいになっていました。

よく同卓するサラリーマン男性がいたのですが、なかなかに手ごわく、良い対戦相手でした。

お互いに手筋を探り、押したり引いたり、白熱した麻雀を繰り返していました。

ある日のこと。

いつもと同じように卓につき、牌を並べて打ち出します。

するとその日は相手の手筋が見えるのです。

繰り返し繰り返し打ったためでしょうか、相手の手牌がどの辺にどの種類が固まっているか、どんな並べ方をしているか、なんとなく感じることができたのです。

その雀荘では金の牌が混じっており、祝儀対象でした。

ある局で、序盤にその金の牌(7ソウ)がその男性から切り出されました。

その瞬間、まだ完成してもいない相手の手牌の待ちが一点読みでみえました。

間8ソウ。

その直感に従い、8ソウを無理やり残しての七対子。

3人うちでは同一牌4枚使いの七対子が認められています。

みるみる集まる8ソウ。

全ての8ソウを使い切り、その相手のリーチをかいくぐって、直撃を取りました。

ドラを絡めて跳満の手だったかと思います。

「あ、なにかが完成したな。


そんな気持ちでした。

相手は苦笑いでした。

「嫁さんより俺のこと知ってるね。

それからは、なぜか徐々にその雀荘に足が向かなくなりました。

そのゲームで完成したものを壊してしまわないよう、もう触りたくなかったのかもしれません。

その後、転勤によりその雀荘から完全に離れました。

数年後、再転勤で戻ると、同じ場所に雀荘はありましたが店は変わっており、そのお客さんもいませんでした。

完全に思い出になってしまったのだな、と少しさびしく感じました。

いまでもその時と同じ感触には至っていません。