トップページ > 支部紹介 > 支部長挨拶

支部長挨拶Message by Branch General Manager

群馬県支部は第1代新井篤氏の元で平成4年に発足しました。 新井氏はその後本部理事に
なり、本会の運営に尽力されました。
その後、平成7〜8年第2代磯部啓子支部長・平成9〜12年第3代荒井努支部長の元で
着々と各領域とのネットワークや信頼性を高めた事が、現在の群馬県支部の発展の基礎と
なったと感謝申し上げます。

中嶋は平成13年〜第4代支部長となり斉藤事務局との二人三脚で、平成23年度の
ねんりんピックや毎年2回の支部研修会や、県庁イベント・県委託事業を行ってきています。
当本部は何より多くの指導士仲間の結束が良いのが一番の力と感じます。年3回の理事会も
時間ぎりぎりまで白熱した議論に、毎回駐車場まで移動しながら話し合うほどです。

本県でもやっと、健康運動指導士の名称が市民権を得てきています。次は専門職としての
向上と職域の獲得を課題として、会員相互が手を組み、力を出し合って良い支部の運営に
当たりたいと考えます。

指導士および実践指導者そして運動に携わる多くの指導者の方。
一人でも多くの「健康づくり」に向けて、「運動」を推進し、実践して行きましょう。

※中嶋崇裕 中京大学体育学部体育科卒 体育学士
         健康運動指導士




Copyright(C) 日本健康運動指導士会 群馬県支部 All Rights Reserved(2011).